超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

人間

恋愛だとか、結婚だとか。

なんどでも、あげるよ! 私は、独身だけど、バツイチなので 「40歳になっても、結婚もしないでっ!」とか 「早くいかないと、子供が産めなくなるわよー」とか 「なにか、問題でもあるんじゃない?」とか 「理想が高すぎるのよね、きっと」とか そういう、無…

グレーの領域。

私はかなり自己完結して生きているんだけど、それでも友達とか出来てしまう。 そういうのは自然に出来てしまうものだから仕方が無い。 昔、友達にコンコンと「世の中には、グレーの領域と言うものがあって、それを理解しなくてはならない」と説明されたこと…

エイミー・シューマーの投げかける問題提起。

Beautiful, gross, strong, thin, fat, pretty, ugly, sexy, disgusting, flawless, woman. 美しく、キモく、強く、細く、太ってて、可愛くて、ブスで、セクシーで、ムカつく、 完璧な、オンナ。Thank you Annie Leibovitz! ありがとう、アニー・リボヴィッ…

マウンティング。

マウンティングってどうして起こるんだろうなって。 結論:自分をどこかに、属させるから。 以上。 以下、補足します。 ええっと、私は自己完結して生きているので、あんまりマウンティングされません。でも、ごくたまに、されちゃって、「えーーー、やだ、…

座禅と坊主。

私が25歳くらいの頃だったと思うが、「座禅を組んでみたいな」と思って、自分で色々調べて禅寺に申込み、行ってきたことがある。 そのころ、なんか女性とかのあいだで「写経がブームです!」とかそういう空気があったんだよね。んで、いろいろ疲れていた私は…

恥ずかしさの正体。

「恥ずかしい」と感じる時、実際にどんな感情が、うまれて、 「恥ずかしい」そんなふうに、かんじるのだろうか? 頬を赤らめたり、心臓がドキドキしたりすると言うことは 一体ぜんたい、肉体はなにをあらわしているのか。 思い出してみよう。 まだ自分が青か…

猿でもわかる、ポエムの人と、熱い人の見分け方。

2月に入ったら、多分忙しくなりそうなので 今のうちにやりたい事をじゃんじゃんやっておきたいと思う。 私が、最近頭を悩ましていることのひとつが「日本全国ポエム化現象」のことだ。これは、実際にメディアでも特集が組まれたりしているようなので、今更私…

改めて振り返ると、誰にとっても青春がある。

どんなひとも、若い多感な頃に、青春のようなものがあるのだと思います。その限られた多感な頃、まだまだ、世界には目を見開き輝かせて、そして、文字通りむさぼるようにのめり込んだ音楽、カルチャー、文学。心はみずみずしくて、ドキドキしていて、ときに…

欺瞞について。

欺瞞と言う言葉について、考えてみた。 私の仲ではスーパー不可解な単語。 【欺瞞】 辞書で調べてみると 欺瞞 : あざむくこと。だますこと。 これは、自己欺瞞と考えると、自分をだましたり、あざむいたりするということですね。と考えれば、私には理解でき…

好かれること、嫌われること。

私は、幼少の頃から、余り人に「嫌われた」と言う記憶がなかった。 実際、嫌われたりしたことはあったのだと思う。たぶん。 鈍感だったのだろうか?と、のちのち、いろいろと考えてみた。 実際には、そういうことがあったのに、私の記憶から消去されているの…

努力が報われるとは限らない。でも、やるんだよ~。

私の大好きな水木しげるさん。以前もあげたけど、再掲しよう。 水木さんの人生については、「げげげの女房」などですでに知られていると思う。 すでに有名な方なので割愛しますが、戦争で負傷された腕でありながら、多くの素晴らしい妖怪の世界を、漫画の世…

怒ったときは、掃除をするといい。

普段、私は、怒りんぼなので、すぐ怒ります。 でも、傍目には、怒っていることは気がつかれない事が多いようです。 それには、秘密があるのです。うふふふふ・・・・ 怒ったら、すぐに掃除をし始める(笑) とにかく、間髪居れずに。 まあ、掃除できないこと…

人生はアートだ。

www.mylohas.net 生活芸術家と言う言葉を初めて聞いた。 わたしは、芸術家とかアーティストと言う言葉をよく使うけれど その意味が、たぶん多くの人たちの使う意味とは違うのかもしれないなぁ・・・と 実は、いつも思っている。 それでも、アーティストとか…

ブログを始めたわけ。

はてなの仕組みが、まだまだ奥が深すぎてよく分かっていない。 だけど、最近、すこしずつ「ああ、こういうときはこうすればいいのかな???」 と言うような感じです。ハイハイぐらいの段階かな、赤ちゃんで言うと。 ええと、私はブログとかツイッターを、う…

トラウマ。その2

www.huffingtonpost.jp 成熟と言うものは、一体、どういう過程を経て可能になるのだろうか。 人間が体験できることは、ほとんど限られているといっていい。 自分自身の、つたない経験の中で、自分の価値観と言うものは形作られていく。 その数少ない体験の中…

トラウマ。その1.

www.huffingtonpost.jp PTSDと言う言葉。これは、近年ではずいぶんと浸透した言葉だと思います。 【心的外傷後ストレス障害】これが、正式名称です。 事件、事故、さまざまな過酷な経験などにより、心に大きな傷を経験をすると、 その後、不安や緊張が続…

自己肯定感について。

自己肯定感について考えていた。 ずっと、考えた。ひたすら、考えた。 とりいそぎ、自分なりの説明をしてみようと思う。 【自己肯定感】【自尊心】こういった単語は、発達しょうがいや鬱、メンタルの問題。 そういったことに絡んで、よく目にする単語だ。 で…

アーティストと、クリエイター。

今回は、ちょっと難解な文章になるかもしれません。 疲れている方、頭痛がする方は読まないほうがイイと思います。 アーティストと言う言葉は、なんだか馴染みのない言葉だなーとは思いますが、 これはアーティストという言葉でなければ・・・みたいな時があ…

人間関係は、コスパではかれるのかどうかについて。

出版もそうだが、「初動こそすべて」が現代の常識になってしまった。最初の顧客の反応が悪ければ、もうダメなものとして捨てられてしまう。 そういう現代の基準では、見逃すものが多いということだ。宇宙戦艦ヤマトやルパン三世でさえ。まして人間関係におい…

心がやさしい とか 繊細 とか。後編

bylines.news.yahoo.co.jp その後、普通に日常生活に戻った・・・はずだったけど、少しずつ彼女の態度がとても、なんというか不自然になっていくようになって。 なんといえばいいのでしょうか。人間て多分、自分の心にとどめているうちは、そのことを「秘め…

心がやさしい とか 繊細 とか。前編

bylines.news.yahoo.co.jp この記事を読んで、思い出したこと。 自分が、子供から大人になるとき、というか。 自我が芽生え始めたころの事、わたしは目に浮かぶくらいはっきりと、覚えています。いや、音がしたといってもいいくらい。パキっと。 私が高校一…

ネット。

インターネットって面白いと思う。 だって、無かった時代には絶対ありえなかった出会いがあるのだから。 大人になっても、実際に自分の生活の行動半径と、人間関係の延長でしか知り合うことが出来なかった時代には、ある程度は相手のバックボーンやどんなひ…

本音と共生

toyokeizai.net この記事を読んで、つらつらと考えた。 そう、私も現実の生活の中では、本音はそうそう言いません。 なぜなら、面倒くさいからです。というのも卑怯な行動のひとつですね。 そう、面倒が起きると、ややこしくなって、関係ないことまで絡んで…