超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

発達しょうがい?

シェイクスピア没後、400年。

2016年は、シェイクスピア没後、400年だそうです。 William Shakespeareさん。 ちなみに命日は、4月23日だそうです。しかも誕生日も同じ4月23日と言われているそうで、イングリッド・バーグマンみたいですね。*1 イギリスでは、今年はずっと【シェイクスピア…

無限の可能性と、不可能性。

今は、3月。 大体、卒業とか新しい節目に向かう、季節の変わり目なんだろうと 思います。 私は、あんまり、春に、そんなに、子供のころは何も思わなかったんです。 嫌でも、好きでも、ない。 春が来た・・・って、いう感じ。 大人になったら、とにかく桜。…

消極のススメ。

久々に、発達しょうがいについて書いてみようと思います。 積極的、とか、ポジティブとか。消極的、とか、ネガティブとか。 よく言うじゃない。なんかそういうふうに、簡単に使うじゃない? でも、ここで改めて考えてみたい。ほんとうに、 積極的:ポジティ…

社会化とは、対話をかさねること。

うーん、マンダム。 self.hatenablog.com 対話の重要性について、書かれた記事。これを読んで、思い出されたこと。 TEDで我らがテンプル・グランディンが、 「子供の社会化は非常に重要だ」と繰り返し述べていたこと。 とても面白い講演なので、よろしかった…

欺瞞について。

欺瞞と言う言葉について、考えてみた。 私の仲ではスーパー不可解な単語。 【欺瞞】 辞書で調べてみると 欺瞞 : あざむくこと。だますこと。 これは、自己欺瞞と考えると、自分をだましたり、あざむいたりするということですね。と考えれば、私には理解でき…

努力が報われるとは限らない。でも、やるんだよ~。

私の大好きな水木しげるさん。以前もあげたけど、再掲しよう。 水木さんの人生については、「げげげの女房」などですでに知られていると思う。 すでに有名な方なので割愛しますが、戦争で負傷された腕でありながら、多くの素晴らしい妖怪の世界を、漫画の世…

発達障害診断は、必要か否か。

最近、わたしの相方と、セカンドオピニオンを受けようかと話している。 わたしの相方は、ADHDなんですが、最近のDSMの基準はたびたび変っている。皆さんもご存知のとおり、いまは自閉スペクトラムとADHDは並存できるのだ。 わたしの相方は、鈍感…

トラウマ。その2

www.huffingtonpost.jp 成熟と言うものは、一体、どういう過程を経て可能になるのだろうか。 人間が体験できることは、ほとんど限られているといっていい。 自分自身の、つたない経験の中で、自分の価値観と言うものは形作られていく。 その数少ない体験の中…

トラウマ。その1.

www.huffingtonpost.jp PTSDと言う言葉。これは、近年ではずいぶんと浸透した言葉だと思います。 【心的外傷後ストレス障害】これが、正式名称です。 事件、事故、さまざまな過酷な経験などにより、心に大きな傷を経験をすると、 その後、不安や緊張が続…

自己肯定感について。

自己肯定感について考えていた。 ずっと、考えた。ひたすら、考えた。 とりいそぎ、自分なりの説明をしてみようと思う。 【自己肯定感】【自尊心】こういった単語は、発達しょうがいや鬱、メンタルの問題。 そういったことに絡んで、よく目にする単語だ。 で…

心がやさしい とか 繊細 とか。後編

bylines.news.yahoo.co.jp その後、普通に日常生活に戻った・・・はずだったけど、少しずつ彼女の態度がとても、なんというか不自然になっていくようになって。 なんといえばいいのでしょうか。人間て多分、自分の心にとどめているうちは、そのことを「秘め…

発達しょうがいについて、書かないつもりだった、どうしよう、迷う・・・けど書く。

私の相方は、ADHD当事者です。ただ、彼の事を書くのはある意味で反則だと思うので、とりあえず、自分の事を軸に書こうと思う。 とにかく「あれ?なんか変?」と気が付いたときは、30歳を越えていました。結構、そういう人多いんじゃないかな?情報がこういう…