超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

自己紹介にかえて・・・

自己紹介も済まないまま、はてなぶろぐを始めてしまったので、ここで少し自分の背景を書いてみようかなと思います。

もともと誰かに見てもらいたいというより独り言なのですが、それでも世界に開いている以上、リアルな人間としての情報も少しは必要かなと思い。

私は、いま脱サラしてド田舎に住んでます。半自給自足、お金は少し。
子供の頃から、「北の国から」の黒板五郎になりたかったんです。
黒板五郎をご存じないかたには、スーパーDIYなおじさんとでも説明しましょうか…
黒板五郎さんは、なんでも自分でやります。そのうち、家も作って、そこで好きなように生活し始めます。ふたりの子供を四苦八苦しながら男手ひとつで育て上げ、子供たち自立後、自分のやりたいことを、やりたいように、やれるだけやって、生きていきます。
そして、そのうちゴミから家を作り始めます。それを他者にプレゼントできるだけの能力を、彼はその人生を通して獲得したんです。

私は、ゴローさんが大好きでした。
「あんな風になりたい」
でも、実際の私は体力の無いもやし女な感じで、それほどアクティブなタイプでは有りませんでした。

体も割りと虚弱で、皮膚が弱くて、泥を触ると手がかぶれてパンパンになったり。

いまでいうと、泥アレルギーだったのだろうか。謎。


子供のころは、ひたすら本ばかり読んでいました。子供が嫌いで、だって頭悪いし、うるさいし、一人でゆっくりと落ち着いているのが好きだった。
でも、子供は子供なので、好きなようには出来ません。その前に学ぶことが、沢山あるのですから。学校に行き友達にも恵まれ、順風満帆にそつなく育ちあがりました。

しかしいつも言葉にならない強い想いが有りました。その私の子供の頃の想いは、のちのち大人になってから、はっきりと言葉になりました。
「自由になりたい」
私は、ほんとうに小さな頃から、自由になりたかった。早く大人になりたいと
いつも思っていた。なぜなら「大人になれば、自由になれる」という直感をどこかで感じていたからです。

そして、大人になる過程の中で、自由と独立心と、さらには人とのつながりの素晴らしさを心に刻むようになりました。

私の人生を通して、得たものは文章という形でも昇華され、そして実際にも形あるものとして「私のために」実在している今の生活環境があります。
中古の住宅を購入し自分で少しずつ直して生活してきました。まだまだ死ぬまで継続することでしょう。新しくまだまだ作りたいものがたくさん有ります。

ド田舎に越してきてから10年経ち、今「自分の為だけでなく、人のためにも自分の能力をつかいたい」と思うようになりました。

自己完結することに掛けては(笑)誰にも負けないつもりなのですが、昨今の世界の不穏な空気に、自分のために書いている文章を、ちょっとだけひらいてみようかな・・・。そんな気持ちで、この先も謙虚に行きたいです。

 

でもなー。むずかしいかなー。結構、炎上させたりしちゃうからなー(笑)

平和主義者ってなんで、戦わなくちゃいけないんでしょうか。それについては、よくまた考えてみないと。

広告を非表示にする