超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

本音と共生

toyokeizai.net

 

この記事を読んで、つらつらと考えた。

 

そう、私も現実の生活の中では、本音はそうそう言いません。

なぜなら、面倒くさいからです。というのも卑怯な行動のひとつですね。

そう、面倒が起きると、ややこしくなって、関係ないことまで絡んできちゃうので、ひらすらシンプルで居たい私は「黙す」という手段によって対抗します。

いやいや、偽善者な私は、いちおう社会性の一環としてそういう魔法も使えるようになりました(笑)魔法の名前は「建前」です。

 

しかしながら「本音を言えば(笑)」堀江氏の意見には全面的に共感します。

ただひとつ、堀江さんはレベルの低い人間の集団と距離があるがゆえに、知らないのではないかと思います。

 

私は結構転職が多くて、ブラックと呼ばれる職場から、みんなが知ってる上場企業に(派遣だよ!)籍を置いたことがあります。

 

いちばーーーーーーーん、居心地がよかったのは有名一流企業でした。なぜか?職場の皆さんの基礎能力が高いので、たとえばこちらが「業務的に」正しい事を述べたとしたら、ちゃんと理解してくれます。そして、私の立場がどうであれ、きちんと話を聞いたり、答えやリアクションを返してもらえます。

他にも、仕事を遂行する事を一番に考えていますから、そのプラスになること!という部分で、ちゃんと余計なことは無視してくれるんですね!

例えば、私が入ってまだ3ヶ月とか、若いとか、女だとか、そういうことと私の発言することの意図は、別である、という認識の下にコミュニケーションが出来るので、仕事上でいくら議論があっても、とくに遺恨は残さない。

 

あ、ちなみにJICA(これは問題ないだろう…)にも居ましたが、ここもそうでした。ただ、変っている人が多くて、すごく楽しいんだけど、彼らは事務作業が壊滅的にダメで(笑)もちろん全員ではないですけど、庶務担当していた私は苦労しました。でも、JICAのひとたちは、とてもとても優秀で楽しかった思い出しか有りません。ああいう場では、ひとは結構本音で居られるもんです。

 

さて一方、ブラックはどうか!?

ブラックの場合、何も言えません。なぜなら、こちらの意図が伝わらない。

ゆえに、なにか発言しただけで「てめえ、わしに楯突いたな!!!」(なにをいってるのかは、わからんが、俺に反感を持ってることだけは分かる)ってな具合に、なっちまってさー、別にそんな気ないのになー、あんたの人間性とかドーデも良くて、業務上、こことここ、変えませんか?って提案してるだけだぜー、オイオイ!

 

ということになります。

特に、女性は社会に出たら自動的に多かれ少なかれ「あれ?私ってホステスだっけ?」というような業務もお給料に組み込まれているので、女性が輝く社会なんていうのは「もっと、ホステススキルに磨きを掛けてくれたまえ、俺達の為に」という翻訳が可能になります。

 

いま、私は田舎で動物や植物のなかに埋もれて生活しています。

自然界の中で生きるとき、たいせつなのは「無視をし合うこと」です。

 

動物も、植物も、お互いに「自分に害のないことは無視しながら」共生しています。

 

野生動物にも、「無視しあう」という共存方法があります。

例えば、ライオンとガゼル。ライオンはガゼルの捕食動物だが、お腹がいっぱいのときは、ガゼルが近くで草を食んでいても、無視してのんびり昼寝する。

飢えている時だけ、彼らを襲う。

必要な分だけしか、争わない。襲わない。戦わない。

攻撃というものは、そもそも防御の一形態。

ライオンにとって、ガゼルを襲うとき、自分の家族の命を守るため。

食しなければ、死んでしまう。

ひともおなじだ。

 

本音をAさんが言う。

その「本音を曲解した」Bさんが、自分が攻撃されたと感じる。

Bさんは、自分を守る為にAさんを攻撃する。

Aさんは、Bさんを攻撃したつもりなど毛頭なかったから、びっくりする。

Aさんはいう、「ちがいますよー」

Bさんは・・・(以下略)

 

こうして、めんどうくさい人間関係は構築されているし、タイミングや立場、状況によっては、Aさんは首になるかもしれない。FIRE!!!!!!!

 

というわけで、みんな本音で生きられない。

これが社会的スキル!っていう結論にいってしまうのではないかと思います。

 

本音を言うとき、さいごまで相手にその意図を伝える覚悟、其れがどんなに大切なことなのか、伝えきる「情熱」がなければ、やっぱり言えない。

自分にとって、それだけの価値のあるようなことについては、私も絶対本音を曲げません。どんなに誤解されても、何度も何度も説明します。

 

多分、めんどくさがりの人は、本音を言うと疲れるのではないかとおもう。

いろいろ、それだけで、ざわめくのが世の中だからさー。

 

でもさー。村上春樹が「人間は誤解の総体である」っていってたしさー、誤解をおそれず、じゃんじゃん本音を言うのが、やっぱり正しい生き方なのかもしれないな。でも、スチャダラパーみたいな、柔らかい球を投げられるよう、精進しないと!がんばろう、にっほん。

 

 

 

 

広告を非表示にする