超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

どうして【正論】って、言っちゃいけないのっ!!!

よく「それは、正論だけど、正論通りには行かない」とかって、言われるんだけど。いっつも、そういう風に「そんなのは、言っても、仕方が無いことだ」みたいに言われるんだけど!

 

なんで?

なんでなんでなんで?

 

なんで、正論なのに、言っちゃいけないの?

正論なんだったら、言ったっていいじゃない!

言いたくなるの、当たり前じゃない!

正論なんだもん!

 

なんか、そういう風に、正論が、正論だって、わかってるじゃん!?

正論だって、分かるって言うことは、何か理由があるはずだ!

分かるっていうことは、正論が正論たる、理由があって、

それを聞いた方だって、理解できる、っていうことの意味なのに。

 

正論は、その通りに出来ないとか、その理論どおりには、行かないのよって、

そんなことごちゃごちゃ、言うんだったらさあ!

 

どうして、正論通りに行かないのか、考えてみればいいじゃんっ!!!

考えてみたり、いろいろ、試行錯誤してみれば、

正論通りで、上手くやれるかもしれないじゃんっ!

 

なんで、努力しないの?するまえから、あきらめちゃうの???

 

どうして、やってみもしないで、先に言い訳したり、予防線を張ったりすんの?

もーわかんねぇ。まじ理解できねえ。

 

どうしてさー、「正論の方が」自粛して「どうせ、正論って言われるんだろうなあ」とか思って、そういう風に、こっちの方が気を使って、「なるべく正論は言わないように」とかってさ、気を使わなくっちゃ、いけないわけっ!!!!!!

 

そうやって、なんでも、言い訳とかして、世の中上手くいかないとか、そーゆーことばっかいってるから、いつまでたっても、おんなじところ、ぐるぐるぐるぐるしてんじゃん!!!!!

 

グレーのBOXにしまいこんでさ、なかったことにしてさ、

そうやって、「どうしてなのか」「なんでなのか」を考えないから、

いっつも同じところで、つまづくんじゃん!!!

 

ふーーーーんだ。

 

あとさ、よくさ「夜で歩いちゃいけません、危険ですからね」とかだってさー!

悪い人たちは、夜とか自由に出歩いてて、遊んでて、ずるくない?

 

わるいひとたちは、好きなように、遊べるのに、悪くない人たちは自衛のために、おとなしくしてなきゃいけないなんで、おかしいもん。絶対おかしいもん。

どうして、自由にできないの!ずるいじゃん。

悪くない人だって、みんなさ、自由にしたいんだもん。

 

ふーーーーーんだ。

 

大人に、なればなるほど、子供になれるんだから、本当は。

自分が正しいと思うこと、自分の責任で検証できるんだぞ!

絶対、こどものまんまで、絶対、立派に生き延びて、

自立した状態で、自律しながら、死んでやるっ!!!!!!

 

ふん。死ぬまで、変わるもんかッ!!!

広告を非表示にする