超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

花粉症対策。

花粉症の季節ですね。

私は、ぜんぜん、なにもありません。

鼻水も出なければ、目もかゆくないです。

のども全然、イガイガしたりしません。

 

あ!怒ってる?そこの重症の方!?

違うんです!

今日はとっても、イイお話しようと思って・・・

あなたにお得なお話!聴いて損はありませんぜ。

って、こういう話の持ってくる奴は悪徳商法の人ですよね、たいてい。

 

私は、子供のころ、ものすごく体が虚弱で、超アレルギー体質でした。

 

平熱は35.0℃で、よく風邪も引いていたし、喘息は無かったけど、気管支が人より短いとかですぐに腫れて熱が出るし、咳が出始めると止まらなくて、すごい大きな音がする(これは今でも)

 

一番ひどかったのが皮膚の弱いこと。

しもやけ・あかぎれが、すごい。

泥アレルギー。

泥アレルギーって言うのは、皮膚が弱いので、砂遊びとか泥遊びとかすると、手がパンパンに2倍くらいに腫れちゃう。手が、ミトンになっちゃうのです。

http://www.sanbelm.com/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%B3OR_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC3.JPG (イメージ)

だから、砂場は厳禁。花壇もダメ。ホコリもd手で触ったら、腫れちゃう。

あと、ちょっと疲れてる時に、生卵とか豚肉を食べちゃうと、顔とか背中とかお腹とかの皮膚の柔らかいところが、ぷわ~って腫れるんですよ。地図みたいに。大丈夫なときもあるんだけど。

そのときは、ニックネーム「おイワちゃん」って呼ばれて、すぐに病院行き。

いま、調べてみたら「帯状疱疹」っていうんですね。ものすごく、痒いんですよ。

 

で、これ全部、アレルギー体質ってことで、10歳の時に、毎週、病院に行って注射するって言う治療したんですよ。それを半年、続けるの。親が悩みに悩んで、見つけてきたらしい。昔は今よりも子供のアレルギーってそんなに無かった。アトピーの子はたまに居たけど、今よりも治療法も確立されてないし、みんななんとかやり過ごしてるみたいな感じだったんだけど。

 

もちろん、この「体質改善注射」も、個人差があるので実際やってみないとわからないって言われていたんだけど。

私は、ちょっと寝不足になったりすると、すぐ「おイワちゃん」になっちゃうので、多分親が心配して何でもやってみたんだと思います。今思えば、進んでた、多分。私は注射とか別に平気なので、なんかやるとイイみたいだからって事で毎週、注射され続けたんですけどね、これがね、すごかった。私は、効果テキメンでしたYO!!!

なんとその後、アレルギー関係、ゼロ。

まあ、風邪を引くと鼻炎と気管支ってのは治らないけど、泥とか平気になったし、おイワちゃんにもならなくなったんです。

で、今思うと、あの時、あの「体質改善」をしていなければ、多分私は超重度の花粉症だったに違いないということです。絶対、そうだろうと思う。

私は、子供のウチにやっちゃったので、成人になって体とどうかは保障できませんが、もしもすごく花粉症に悩んでいる方が居たら、試してみるのも一つの手だと思います。

 

なんか、今調べたら

「減感作療法(げんかんさりょうほう)」

ていう名前みたいです。もし、藁にすがりたい方でしたら、ちょっと調べてみてくださいね。

 

花粉症って辛そうで、なんか自分だけ花粉症じゃないのが罪悪感すら感じそうになるほど、最近多いですよね。私は、子供のころのグズグズの辛い記憶がはっきりあるから、今はそうじゃないけど、なんだか見てるだけで切ない。目も充血しちゃってる方が多いし。

直せる方法が早く確立されるといいのに。

あ、ちなみに「紅ふうき」っていうお茶もいいみたいですよ。

広告を非表示にする