超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

グレイ氏は、50の顔を持つように見えるのか?

 最近、忙しくて、なかなか映画が見られなかった。

忙しい時って時間が出来ると「よおし、ここで、いっちょ大作を!」とか「やっぱりココは、素晴らしい1本を!」とかどうも強欲になってしまい、一定の水準以上のものを選んでしまいそうになる。失敗したくないなんて、つい弱気になりやすくて、ついついみんなのレビューとかを見て安定路線を選ぼうとしてしまう。

 

いかん、それじゃ人間力が上がらないわっ!

人生は一回きりなんだから!

「わたしの時間、返して・・・」

って思うような、くだらない映画の中にこそ、深く考察意欲が刺激されるような、素晴らしい、思いがけない、事故の様な

偶然という名の、ギャンブル

が潜んでいるというのに。。。

www.afpbb.com

という事で、ラジー賞、五部門を制覇という快挙を成し遂げたと聞いて以来、絶対見たいと思っていた「 ふぃふてぃ・しぇいず・おぶ・ぐれい」(2015)見た。

  • 最低作品賞
  • 最低主演男優賞
  • 最低主演女優賞
  • 最低スクリーンコンボ賞
  • 最低脚本賞

めでたい!なぜなら私の様な変人が、逆に見たくなるから。


「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」 予告編動画 7/2(木)リリース!

もう、前評判にたがわぬ・・・本当に気に入った方はそっとブラウザの閉じるボタンをお願いします。

 1.少女マンガ趣味

まずですね、これは全世界で一億部を突破したという、一介の主婦であるE・L・ジェイムズさんが書き上げた、「トワイライト」へのファン・フィクションです。ファン・フィクションとは、ファンがその世界に賛辞を込めて書き上げる、ファン小説ですね。日本でも婦女子さんたちの活動で盛ん。

 

以下、wikiより引用。

女子大生の主人公が、若く有能だがサディスト性的嗜好を持つ大富豪の男性と知り合い、BDSMSM)の主従契約を結ぶという内容の恋愛小説で、主婦が書いた女性向けのエロティックな小説として「マミー・ポルノ」と呼ばれアメリカでベストセラーとなった。もともとはステファニー・メイヤー著の『トワイライト』シリーズのファン・フィクションとして書かれたもので、オンライン小説として発表され、2011年に書籍化されたのちランダムハウスが版権を買い取った。

十分最初っから、イケてる女子大生です。日本なら、ミスコン女王レベル。

http://screenrant.com/wp-content/uploads/fifty-shades-grey-movie-trailer.jpg 可愛すぎて感情移入できない。 

まず、このあらすじを読んだ瞬間に、主婦の少女趣味的妄想にはすっかり慣れている私ですが、白馬の王子様が余りに「ベタ」過ぎて、ちょっとお・・・となりますが。私の根性が捻じ曲がっているせいですかね。ううん・・・でもなあ。奴の会社何の会社なの?何か暇そうじゃね?仕事ってMACに向かってるだけ?過去のトラウマがとってつけたみたい。

あと、これね、私は声を大にして言いたいけど、元祖主婦の少女マンガ的妄想小説である【トワイライト】って言う創作は(小説から映画まで含め)本家を、舐めちゃいけません。

 

ナニがすごいのかというと「本気」だという事です。

製作陣から俳優、CG、予算に渡るまで、やつらは本気です。大真面目です。

だから、面白いんです。

コメディとかもそうだけど、本気でやらんとあかん。

movies.yahoo.co.jp

 ご存知パロディ映画の名作、[SCARY MOVIE ](2000)タイトルは「ホラー映画」という意味で、なぜ!?「ホラー映画」なのかというと、ホラー映画って言うものは「怖がらせる」事が目的ですよね。あくまでも「大真面目に」怖がってもらうために、作っているほうも「大真面目に」やってるわけですよね。で。その「大真面目ぐあい」がなんか、突っ込み始めると結構、心の中では笑っちゃうわけです。映画館で見てて「クス」とか思っても、隣の席の人のこととか考えると我慢しちゃうわけですよ。これも思いやり。

 ウェイアンズ兄弟の本気度

ウェイアンズ兄弟姉妹は全部で10人。子供や従姉妹まで含めると結構なサッカーチームが組めそうな人数。みんなショービズ(おもにコメディ部門)に関わってる。

長男坊

キーネン・アイヴォリー

・ウェイアンズ

コメディアン

俳優

監督

脚本家

最終絶叫計画では

監督

http://www.emmys.com/sites/default/files/styles/photo_gallery_large/public/Keenan-JB-photoedit-EMY0414_056.jpg?itok=KZ0sMBVA

 「グリマーマン」(1996)の、セガールの相棒。

次男坊

デイモン・ウェイアンズ

コメディアン

俳優

脚本家

最終絶叫計画には

でてない。

http://1.images.comedycentral.com/images/ccstandup/comedians/800x600/damon_wayans_800x600.jpg

 マイケル・ジョー段、事務・キャリーの親友。


ショーン・ウェイアンズ

俳優

監督

脚本家

プロデューサー

最終絶叫計画では

脚本

レイ役

http://cdn.laughfactory.com/images/comedians/com0000001517_big.jpg

 兄弟のなかで、飛びぬけてイケメン。 


マーロン・ウェイアンズ

俳優

監督

脚本家

プロデューサー

最終絶叫計画では

脚本

ショーティ役

http://vignette4.wikia.nocookie.net/scarymovie/images/3/35/Shorty.jpg/revision/latest?cb=20101116023919

 頭に刺さっているのは、ハサミです。ショーティ大好き。

 

彼らはすごく一生懸命コメディをやる。手抜きなし。すげーくだらない事も本気で。だから、やっぱり面白い。いま「最終~シリーズ」は、裸のガンを持つ男に譲り渡してしまいましたが、かれらのおバカ映画に掛ける意気込みは(たぶん)変わらない。

最凶女装計画 [DVD]

最凶女装計画 [DVD]

 

これ、超お勧めです。三兄弟のゴールデントリオが送る、完成度の高さ。くだらなさにかけては右に出るものなし。しかし、おバカ映画に見せかけて意外と社会派。けっこうな風刺が、痛烈に突き刺さる!

日本語の予告編無かった・・・

www.youtube.com

【あらすじ】FBIエージェントのマーカスとケビン。ふたりはヘッポコ落ちこぼれ捜査官。このたび、わがままセレブ姉妹のSPを勤める事となったが、諸般の大人の事情で、最新の技術を駆使してセレブ姉妹に成りすます事になったから、さあ~大変。行く先々で巻き起こる、失笑と爆笑の嵐に、あなた笑いを我慢できだろうか!!

====【※奇しくもこの映画もラジー賞5冠(笑)】

 

でね、私思うんですけれどね、ウェイアンズ兄弟って本当にコメディが好きで好きで好きで作ってるんだなあって。そして、それを思うと思わず熱いものがこみ上げて来て、目頭から、じわあっと・・・は来ないですけど、目尻のしわシワが気になる年頃ですね(ドモホルンリンクル)

 

そして「最終~シリーズ」といえば、ブリトニーに負けない美貌なのに、いつもブッチャケ・キャラで飾らない魅力のこのヒトもたまりません。

アンナ・ファリス - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/13/Anna_Faris,_2012.jpghttp://cos.h-cdn.co/assets/cm/14/25/53a08721ae3b1_-_cos-anna-faris-0611-med.jpghttp://celebmafia.com/wp-content/uploads/2014/01/anna-faris-2014-grammy-awards-in-los-angeles_1.jpg

アンナ・ファリスだいすき。この人もそうだけど全力。いつも全力。それって分かるんだよね。頑張りましたっていうのとは違う。全力。どんなにくだらない事だろうが全力は伝わる。映画選びも、あえて普通の女優が尻込みするような役にも、いつも前のめりで、女だったら、こう生きたいと思ってしまう。この子は友達になったら絶対楽しいでえ。

 

で、つまりですね、なんでもそうですが、中途半端じゃシラケるんです。「はいはい、妄想か・・・」没入できない。

 

 2.もうちょっと、脚本練って。

そもそも、世界的ベストセラーだし、SEX描写があるからヒット間違いなしとばかりに、人物造形に手を抜いたとしか思えない。もしくは時間が無かったか。いちいち主人公の女子大生の言動が理解できなくて

「はあ~?あーた、ナニ考えてんの?」

と、突っ込みまくり。

 

そもそも、あらすじを、ざっと見た感じでは

「特殊な性癖を持つグレイ氏の世界に、おそるおそる足を踏み入れる女子大生であった・・・」みたいな感じなのに、実際見るとね!

年上の世界的企業の経営者(しかもイケメン)を振り回す事に、快感覚えてんだろ~、このガキがあ!大人の事情も、もうちょっと考えてみろよ!想像力無いのか!

【女子大生のわがまま一覧】

  • 普通のデートもしたい
  • 夜、ベットで一緒で眠りたい
  • 部屋に来てくれたなら、朝まで一緒にいたい
  • 顔とか好きに触りたい

でも、でもね!契約をして欲しいグレイ氏に対して、契約をする前に!あれもしたいこれもしたいもっとしたいもっともっとしたい。とばかりに自分の要求をエスカレートする女子大生・・・商売上手だわ。あなた、セールスマンになったら結構イイ売り上げあげるわよ!?

http://www.thewrap.com/wp-content/uploads/2014/07/Fifty-Shades-of-Grey-1-Office-Window.png よ、要求を呑むしかないのか…

たいして、グレイ氏は「冷血で人間的な感情の無い」と人物紹介されているにも関わらず、女子大生に一生懸命、譲歩しちゃってるんですね。これ、ぜんぜん冷徹じゃないよ、彼じつは無意識に、こういう出会いを待ってたとしか思えないよ!と突っ込む方々が私のほかにも居る!はず!(と思いたい)

 

そもそも、女子大生は「契約書に同意することを餌に、グレイ氏の気を引き続ける」ように見えちゃうんだよね。どうしても。早くプレイがしたいグレイ氏は、なんとかして女子大生に「YES」と言って欲しいもんだから、そもそも「ドミナント(支配)」したいグレイ氏のはずなのに、完全に【契約書へのサイン】というニンジンをぶら下げられた馬状態。グレイさん、いま完全に「ドミナント(支配)」されてますよ!

 https://sonyanheaneyblog.files.wordpress.com/2015/04/fifty-shades-of-grey-movie.jpg こういうタイプが、一番… 

で、構図としては、最終的にですね、どうなるかは見てのお楽しみなんですけど、結局のところ、終始、主導権を握っているのは女子大生なんですよ。それがね、大人が「NO]と言えない所に「なんで、なんで」繰り返す子供の所業にしか、見えない。

 

おそらく初期のモヤモヤは、いずれ怒りに達しますよ。ずっと、焦らして、振り回して、ちょこっとだけ駒を進めたと思ったら「やっぱり、まだだめ」ってやあ、サディストはお前じゃあ~~~。十分、女子大生は自分の欲求は満たされた以上のものを、このストーリーの中で得たはず、この時点で。(そもそも、結婚なんて考えられるほど、2人とも成熟していない)第一、結ばれているんだから。

http://cdn.playbuzz.com/cdn/7418f979-73fc-4584-825a-b6e28ee7f037/c8a89f46-c572-4faa-8029-37da059efaea.jpghttps://i.ytimg.com/vi/htZB0maBQqE/maxresdefault.jpg

とはいえ、主演のダコタン(メラニー・グリイフィスさんの娘)は結構頑張ってるんだよね。すごい、体当たりってだけじゃなくて、ちゃんとこの大役を何とかしようっていうのは伝わってくるので、やっぱり脚本の問題なんじゃないのか・・・

(原作どおりだったら、どうしよう~原作未読です、すいません)

 

 3.他人の嗜好に、敬意を払え。

私は、残念な事に特筆するような嗜好がないです。でも、このストーリーって「そもそもSMとか、そういうのを知らない人への、ご紹介」って言う側面も十分にありえますよね!?

http://media1.popsugar-assets.com/files/2015/02/09/942/n/1922398/93759e1e_edit_img_cover_file_15632182_1407877200_Please-Sir-FlofCzj3P.xxxlarge/i/Fifty-Shades-Grey-Line-Sex-Toys.jpg こんなん、見たことない。

そもそも、人の嗜好や思想に対して、たとえ自分が一切、理解できないとしても、基本的に「相手を理解したい」と思えばこそ、自分の嗜好に照らし合わせて、理解しようとしませんか?

たとえば、私は音楽なら「ロック」が好きだとして「オペラ」が好きなヒトの気持ちに、自分のロックへの愛を、置き換えて考えますよ!

そうするとね、必然的に相手の「オペラのへの愛」に対して

「ロックの方が、全然、いいのよお~どうして、理解できないの!」

なんて絶対、言わないす。

だってそうじゃん。そんなの、逆ならショックでしょ。やめてほしいですよ、そういう物言いは。

 

女子大生には「ノーマルな愛情が、やっぱり一番」っていう、そこはかとないグレイ氏への無理解(というよりも、理解しようとすらしない姿勢)を感じるんですね。

で、しかも彼に対して

 

「ノーマルな愛に目覚めさせてあげる」

   

「私が、救ってあげる」

 

っていう、すごく上位に立った感覚を感じるんです。

で、それこそが「愛」だと。

彼女は信じているんでしょうね。

 

でも、そもそも愛っていうのは「押し付ける」もんじゃないし、そもそも勝手に自然発生的に生まれてくるもんなんですよ。事実、グレイ氏はあんなに、頑固なはずだったのに、女子大生のために、彼の禁止事項を結構破ってくれているんですよね。

それこそが、そもそも視聴者は「愛だなあ」・・・ってほのぼのするんですけどね、面白いかどうかは別として。

 

でもね、女子大生は、グレイ氏の過去とか、どうして「支配する」とか「される」とかいうことにこだわるのか、そして、50の顔というのはどういうことなのか・・・っていうことについて、

真剣に、考えようと、すらしていない…

っていうか、大好きなウェイアンズ兄弟とかに、寄り道していたら、イチバン書きたいところまで、到達できなかった。続きは、また明日書きます。

これじゃ、尻切れトンボ過ぎて、納得できないわ・・・

 

とにかく、突っ込みどころ満載で漫才みたいだから、見てもOK!面白く無い訳ではない。スナック片手に突っ込みながらが、お勧め。かなりセクシーだけれど、エロではないかも。美し過ぎるので女性向けかな。