読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

あるあるゾンビ辞典。

 ヴァンパイアとか、ゾンビが大好きです。 なんでだろう。

 しかし私の好きなゾンビは嗜好が偏っている。

正統派よりも、ちょっぴり外したゾンビが好き。

え?だって、みんな、好きでしょ?ゾンビ?

 

 さて、ゾンビは分類すると、いくつかのタイプに分けられます。

もっさりノロマ・タイプ

ゾンビは、肉体が腐りかけてどんどん千切れたり、古くなって取れたりします。だから運動能力も低く、のろのろ、もそもそ、ぼえ~~~としていて、頭も悪くて趣味も無いので普段は、ぼーっとユラユラ揺れながら突っ立ってたりしています。これが、オーソドックスな伝統的ゾンビです。

ジョージ・A・ロメロ作品に由来する正統派パターン。「●●オブ・ザ・デッド」シリーズはこれに準じる。基本的にはこれがゾンビの主流。例えるなら【表千家

 

私が初めて見たゾンビは、バタリアンだった。


バタリアン

こーゆーの。あのね、すごく笑っちゃう感じだったの。そこが!いいの。

兄が見ているのを横から見て、コメディ映画だと思っていました。

でも、こわい。でもちょっと可笑しい。でも怖い~のコラボ。

さすが、みずのさん。まとまってる(笑)ゾンビ基礎知識。


水野晴郎 解説 バタリアン

ちなみに私は、「●●オブザデッド・シリーズ」はダメです。

なぜかというと、画面を見ていると・・・

酔ってしまうからです。

怖いとか気持ち悪いじゃなくて、なんかPOVみたいに画面が揺れるんですよね…

「●●オブザデッド・シリーズ」って…それがダメで。だって吐きそうになる。

でも、ロメロお爺ちゃんのことは嫌いじゃないよ!あんなに死ぬほどゾンビ大好き人、嫌いになれる訳ないじゃない!もう、あれは、愛だろ、愛。(あ、永瀬君思い出した人はおじさんorおばさんですね、なかまなかま。)

www.youtube.com

この動画作った人、相当なおたくだね。文字通り、歌詞と映像がぴったり合ってるぞ。素晴らしい。大好きなものがあるっていいね。これも、愛だろ、愛。(しつこい)

 

で、オブザデッドシリーズが、あんまり好きじゃないので自分はゾンビ嫌いだと思っていたんですよ・・・なんか不潔な気がするし。ゾンビって。だから若い頃はあんまり、ゾンビに興味がなかったのです。

 

だけど、あいつにヤラレタんですね。そう、とれすぽ監督のやつです。

28日後... (字幕版)
 

これはね、ゾンビ歴史上にて大きな転換点ですよ!

革命と書いて、レボリューションと読む。それだけの大事件なんですよ!

ゾンビ界ではね!ナニがスゴイかと言うと・・・

 俊敏で高速移動・タイプ

これをやられちゃうと、人間勝ち目ないでしょ…って事になります。

これが【裏千家】。結構ヨーロッパ系のゾンビは裏千家、多い気がします。

そして、更にこの作品から【ゾンビ:ウイルス説】が持ち込まれました。こうなるとね、余りの説得力にみんな無視できません。これ以降ほとんどのゾンビが、接触感染、もしくは空気感染などのバリエーションはあれど、ウイルス説を採用せざるを得なくなりました。

www.youtube.com

覚醒したキリアン・マーヒーの虜になりました!

 

ちなみに 28週後もすき。これは監督は若手にバトンタッチです。ロバカルが渾身の人間ドラマを見せるものの、あっさり死んじゃうあたりも気持ちいいです。

www.youtube.com

この「28シリーズ」はやはり、人間のドラマがすごく大きなテーマなんですよね。そこがアメリカのゾンビが「如何にカッコよくゾンビに食われるか?」「どんなスゴイ描写がみられるのか?」というところが大きな見所であるのに対して「28シリーズ」はあくまでこの極限状態の人間のドラマ。生き残るか、死ぬのか。それだけじゃない。その中で、どう生きるのか?生き延びるために何をするのか?

その部分がすごく見所だと思う。

 その終末精神は、ウォーキングDEAD(2010~TVドラマ)にて輸入されて、アメリカ的なものと融合され素晴らしいドラマとなっている。今も継続中 なのでまだ書けないけど、あのドラマにあるものは『終末世界』だけに限られた話ではないと思う。その事をより鮮明にしているのが、ウォーカーの居る世界であって、ある種の【人間としての精神性】とか【人間の本質的倫理】とかが描か れている。だから、私たちは共感したり深く感銘を受けたりする。そしてドラマが盛り上がり続ける理由のひとつだと思う。

でも、バイオハザードはダメだった。ミラジョボ綺麗なんだけど…

あと、ワールドな戦争Zもダメだった。なんかちがう。ヒーローは要らない。

 

それよりも、ヘンテコ。「かかって来いや!」

www.youtube.com

 これは画面も暗いし、ゾンビが早過ぎてよく見えないんですけど、多分フランスの方って神経症的なヒトが多くて今度いつかフランス・ホラーについて書きたいとは思っているんですけど、ちょっとすごく異常な感じのホラーとかスプラッタが、どうやらフランスのお国柄なんだと思う。その国民性的に多分、ノロノロしたゾンビだと、イライラしてくるんじゃないか・・・?というのが私の推論です。

eiga.com

 フランス・ゾンビは軒並み、はやいよ。

www.youtube.com

 

 というわけで、ノロマと俊敏、どちらがお好みでしょうか?

私は、どちらにもその良さがあって、甲乙つけがたいです。

【ショーン・オブザデッド】(2004)は殿堂入りなので触れませんよ。

 

新たなる進化形・タイプ

さて、さらに最近はその発展系が、かなり主流に食い込んできています。

ゾンビという存在がもはや身近で当たり前(?)になった現在では、これまでのゾンビじゃものたりな~いとばかりに、更にその先へ、先へとイマジネーションはとどまる所を知りません。つまり、思考や意思を持たないはずの【ゾンビ】が主役というものが増えてきました。

ゾンビーノ - Wikipedia

近未来。ゾンビは完全に飼いならされ、人間と共存し、奴隷のように労働者として使われる立場にある、ある種の平和な世界。マトリックスのトリニティ出てます。

ゾンビーノ デラックス版 [DVD]

ゾンビーノ デラックス版 [DVD]

 

ジャンルはコメディ・ホラーみたくなるかな?

www.youtube.com

ファイドが超かわゆいの。ピュアピュアだから。赤ちゃんみたい。

油断してるとハートぶち抜かれるよ、ズキュン。

 

 そして更に発展して、ゾンビは、恋までするように!!!

www.youtube.com

この世界では更に、ゾンビよりも下の存在として「骨」というのが出てきます。

もう「ボディー」は無いので、回復不可能です。悪魔のような存在。

でもゾンビには、腐りかけでも、かろうじてまだ肉体がある(肉片とも言う)その部分に着目した、人間ゾンビ。三つ巴の戦いの果てに「さてこれから、みんな、どうやって生きていけばいいんだろうか?」みたいな。ゾンビなのに。

 世界の再構築を行わんとする、ハートウォーミング(?)なラブコメホラーです。

この子ね、マッドマックスのあの、白い子!

 

最近、クロスオーバー(ジャンルがまたがるもの)多いね。時代だね。

で、やっぱり思うのは、これだけみんなが夢中になる素材、ゾンビ。

ゾンビって、やっぱり愛されてる!

(愛だろ、愛。)

広告を非表示にする