超ホモ・サピエンス日記サテライト。

このブログはノンフィクションです。

キリアンから、エレンちゃん。

先日、ちらっとキリアン・マーヒーに触れた。

https://nypdecider.files.wordpress.com/2014/11/cillian3.png 目と口が特徴。

イチバン有名なのは、バットマン(ノーラン版)のスケアクロウでしょうか?

彼 は結構地味だけど個性的で演技派で印象的で、若い頃からずっといい味を惜しみなく出していて、好きです。西のキリアン・マーフィー、東のエドワード・ノー トンと、私は勝手に思っている。彼はバンドやってたり音楽も好きで玄人はだし。フランクザッパが好きだとか言うのをどこかで読んだ事がある。ザッパのおっ ちゃんは相当イカれた前衛音楽家(と私は思っている)天才。

あんなヘンテコリンが好きなんて、キリアン・・・分かってる。

久々聴いた。やっぱいいね。
Frank Zappa - Montana (A Token Of His Extreme)

ぷーぷー、たらら~。pooとは「うん_」という意味です。

 

キリアンさんは昨年、元orbitalのポールさんの新プロジェクトのアルバムにも参加。歌っているというより、喋っている…だな…

www.youtube.com

PVもキリアンで撮ってます。2分30秒過ぎあたりから『キリアンがいっぱい』状態になります。キリアンファンは、必見ですね!(ファンじゃない人は怖くて笑っちゃうね)私は、探検隊風キリアンと、原始人キリアンが好きですね。

8:58 (限定盤)

8:58 (限定盤)

 

ほかに元キュアーのロバスミも参加。さすが豪華!

 

キリアンさんは同じ歳って言うのもあり、どうも親近感があって好き。アイルランド出身でちょっと癖のある容貌と、一筋縄ではいかなそうな目が印象的で結構目立つよね。彼の映画は軒並み一見の価値あり。

意外と知られていない作品がスクリームでお馴染みの、WES・クレイブン監督の

パニック・フライト - Wikipedia

これ結構、面白かったのに日本ではまたまたビデオスルーだった。

 予告編も無いのであらすじ読みながら、海外版の予告を見てください。

【あらすじ】

 ホテルのベテランフロント従業員のレイチェル・まくあだむす。休暇なので実家に帰省するため、飛行機に乗ろうと空港へ…とても感じのいいビジネスマン風のイ ケメン、キリアンマーヒーと出会う。しかも待ち時間つぶしのため入ったバーでも彼が隣の席に!?やだ、これって運命?なんだか、小さな恋のメロディが流れてきちゃいそうな予感★やだ、仕事ばっかりで出会いもないし、うふ♪とばかりに笑顔もキラメク、レイチェルさん。観客は「あれ?これラブコメだったけ?」と頭 に「?」が浮かぶ序盤…これが、ストーリーが進むにつれて、一転して・・・さて、レイチェルの行く手には、何が待ち受けるのか!お父さんは無事なのか!

最後まで、息も付かせぬ展開に、あなたはもう目が離せない!!!

www.youtube.com

 キリアンの気持ち悪さ、炸裂!!!

 まあ、確かにストーリーは単調といえば単調なんですけど、これ、キリアンの魅力で最後まで突っ走る映画。最初:ラブコメ → 途中:サスペンス → 最後:アクションと、一粒で色々たのしめる、お得な商品となっております♪

パニック・フライト スペシャル・エディション [DVD]

パニック・フライト スペシャル・エディション [DVD]

 

 

 キリアンさん、最新作は

白鯨との闘い 3D&2D ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

白鯨との闘い 3D&2D ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 

 これね私、未見なんですけど、すごく見たいです。メルヴィルの「白鯨」を映画化したのではなくて、「『白鯨』を書くメルヴィル」を中心に実際に何があったのか…という仕立てになっているんですね。だから「実話」とうたっているんだそうで!おお、おぬし考えた な!と。「ヒトひねり入れましたよ!(ドヤ顔)」な監督も、野球帽被って熱弁をふるっていて、ちょっと可愛い(ロン・ハワード氏)特報。

www.youtube.com

ちなみに主人公はマイティソーなんだから、鯨とイイ勝負ですよね。

http://pre02.deviantart.net/66ca/th/pre/i/2010/155/7/d/the_mighty_thor_by_photopops.jpg 無敵のトンカチ。

ナタリーぽーとマンと一緒に居たくて、地球に永住するためには

仕事が必要だから怪力を生かして捕鯨船乗組員か・・・考えたな…ソー。

 

キリアンに戻ると、イイ映画ばかり。

せっかくだから、お勧めをいくつか挙げておこう。

プルートで朝食を [DVD]

プルートで朝食を [DVD]

 

 女装きりあん。

 戦うキリアン。

サイコ リバース [DVD]

サイコ リバース [DVD]

 

 で、 これ確かにまあ、サイコティックではあるもののですね、このジャケットと邦題は頂けない。ちょっと違う。これ、原題は「PEACOCK(孔雀)」です。このジャケットでは、多分なんか精神異常者系の猟奇的な映画のイメージが想起されちゃうじゃないですかあぁ。 精神異常とかサスペンスを楽しむ映画ではなくて、悲しいひとりの人間が、思いがけないハプニングによって、思いがけない方向へと進んでしまう…その生き様 の悲しみ、痛み、一度坂を転がり始めたらもう止まらない、止まれない。そういったものを追ったヒューマン系という印象を私は受けました。最後はめちゃめちゃ悲しくて、泣いた。

 

さて、この映画にはエレン・ペイジさん出てますが、彼女はカミングアウトもしているレズビアン。出演する映画選びもどこか少し社会的というか、メッセージ性の強いものを選んでいるような気もする。若いのに、真正面から社会問題への発言もガンガンする。

www.elle.co.jp

い や、若いからこそなのかもしれない。確実に時代は変化している。ジュディさんも長い長い苦悩があったろう。あれだけのビッグネームになると、自分の意思だけでは挙動もままならない。多くの人に関わる問題だし。そう考えると、どんどんセレブが自由になることが時代を加速させるのだと思う。影響力が、やっぱりあるから。

彼 女は「JUNO(2007)」とか「X-men」シリーズが有名なんだろうけど、私の初見は「ハードキャンディ(2004)」だった。初期ライオンズゲー トのいい作品のひとつです!小品だけどよく出来てるサスペンス。

エレンちゃんはこの頃は、まだ少女で(とくに小柄だし童顔だし)なんというか、『まだ小粒 だけど、なんとなく訴えかけてくるものがあって、大化けしそうな予感』みたいなのをプンプン漂わせていた。

http://curiousfan.com/wp-content/uploads/2015/05/ellen-page-makeup.jpg ちっちゃ可愛い。

彼女は大作もインディ系も区別なく出演していて、そのあたりもいいよね。

私のお気に入りは「スーパー!(2010)」です。

www.amazon.co.jp

コ レ結構、豪華メンバーなのに評価イマイチだったんだよね。確か「kick-ass」と同時期ごろで、あちらと比べると脚本がイマイチ&主人公レイン・ ウィルソンの使い方が、うーん・・・彼は決して悪くないのに、映画が終わってしまったというような印象で、もったいないと思った。

そもそも、この主人公は、ダサい。コデブ。不器用。性格も内向的。

どこまで行っても、サエない男。でも、だからこそ!の味がある。

またまた、日本版トレイラー見つからない・・・(涙)

www.youtube.com

【あ らすじ】どう考えてもダメダメ男のレイン・ウィルソンは、恋焦がれていたスティーブンの娘・タイラーとなぜかミラクルを起こし、結婚できたYO!やった ね!しかし、結婚生活の現実に幻滅した嫁はドラッグの元締めのイカレ男、ケヴィン・ベイコンと浮気&逃避行。絶望したレイン・ウィルソンはテレビで見た、 子供たちを指導するヒーローにイキナリ感化され、手作りのコスチュームを作り着用。「クリムゾンボルト」と名乗り、夜の町をパトロールして配管用のレンチ でドラッグの売人を叩きのめしていく。

http://images4.fanpop.com/image/photos/22600000/-Super-rainn-wilson-22624434-1280-688.jpg

エレン・ペイジ演じるボルティーも仲間となり、せっせと正義に励むべく頑張る2 人のドラマ模様。最終的には、悪党ケヴィンベイコンにドラッグでボロボロにされ利用されている嫁を、ただの普通の人間ふたりぽっちで救出しに行くわけなん ですけども、そもそもkick-assと違って、こっちは本当に弱いんです。ビッグダディも居ないしな。我々が普通のトンカチ持ったのと一緒。もしも銃で 撃たれたら、確実に死ぬ。だから、逆にすごく痛い。見ていて痛すぎる。でも私は嫌いじゃないです。生きるって、痛いよな。うんうん、分かるよ。痛いんだ よ、結構。だから、逃げなくちゃいけないときもある。

http://40.media.tumblr.com/49fc51d6ce35894ea07918348901e459/tumblr_myk8271b3C1qgxy6bo1_500.jpg ポーズを決めるエレンさん。

そして、取り返しのつかないことにもなったりする。

これはネタバレになるのでいえませんが、泣きます。絶対泣きます。

余りの事に私はラストまで、ショックから立ち直れませんでした。

とはいえ、この映画は最初から最後までブラックユーモアで責めるタイプなので、どちらかといえば、コメディです!

そういう映画が好きなヒトには、お勧め!

 

以下ネタバレ。エレンちゃんの名場面@スーパー!

見る予定があるヒトは見ちゃダメです。

 

http://cinefuck.tumblr.com/post/55788204478/super-2010-ellen-page-as-boltie-you-tell

cinefuck.tumblr.com

広告を非表示にする